読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年 京都市スポーツフェスティバル3

スポーツ

2の続き(予選は楽勝の1位通過)。

 

準決勝(上位2+タイム2チームが決勝進出)

はっきり言って100m三本全力疾走は無理。ここを余裕で流せれば決勝1本に力を使えるのでいいのだが

果たしてどうなるか。

スタートから小学生、スーパー中学生が快走するも4走(中学生男子)に渡った時点で1チームが

先行しておりほぼ同時でバトンパス。中学生男子の快走で1位でバトンパスするも30代女子で2位の

チームがかなり早くて1位ながらもほとんど差がない状態(3位以下は大きく離れているが)。

2位でも決勝にいけるけど、タイム的に楽勝と思っていただけに思わぬ展開で少し焦る。結局は

30代男子で突き放す事ができて(その後2位チームは失速)、最後は余裕で流して決勝進出。

タイムはまたも150秒ちょっとで他のチームとの差は1秒以上。タイム的には優勝が見えてきたけど

展開によっては(オープンになった時に1位じゃなければ)苦戦も考えられるので油断は禁物。

でも、応援してもらっている地域の方々は完全に優勝いけるという雰囲気でそれがかなりのプレッシャー。