読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

節税スキームについて1(大前さんの本から)

ビジネス関連

2年前に大前研一さんの本(何冊か)を読んで気になったのが「ダブルアイリッシュ

(ウィズ・ダッチサンドイッチ)」。

アップルなどアメリカの企業が考えた節税スキームでアイルランドアイリッシュ

の2つの現地法人とオランダ(ダッチ)の現地法人を利用することで支払う法人税を減らす(逃れる)というもの。

 

アップル→アイリッシュ1→ダッチ→アイリッシュ2→タックスヘイブンの法人

と利益を移転して節税(きちんとした内容はネットで調べたら色々出てくるので

そちらで調べて下さい)

 

2012年にスターバックスがイギリスの議会で「税金を払わなすぎだ」と

叩かれてました。あまりに派手な節税スキームだと国を敵にまわしてしまい

かねないが、大前さん曰く日本企業はあまり節税(タックスマネジメント)に

積極的でないが、世界の企業と戦う上で大きなハンデとなってしまっている。

(日本企業でタックスマネジメントに積極的なのが日本電産HOYA