読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

栄枯盛衰:タカタ

昔いた会社で経理やってた時に、人事の課長と世間話している際に「タカタって会社知ってるか?」っ聞かれました。今から10年前の話でその時は今みたいに変に有名じゃありませんでした。私は子どもがちっちゃかったんで、チャイルドシートを買う時に色々検討…

システム私見:SCM

システム関連の仕事をしている方でSCMを知らないという人はいないだろうけど一応説明するとSCMとはサプライチェーンマネジメントの略で広義のSCMは企業の枠組みを超えてサプライチェーン全体を管理することで(原材料調達~製造~小売先への販売~消費者への…

システム私見:大企業の横暴

横暴っていえば大げさですけど、大きい企業ってそのパワーを振りかざしてわがままが多いです。前にいた会社(システム開発)で経理をやってたことがあるんですけど、大きな企業や官公庁、大学などに限って、そこ指定の請求書などがあったりするんですよ。そ…

システム私見:日本でERP導入が失敗する理由

私はある会社のシステム担当をしています。今、自社の基幹システム(スクラッチ)をERPにリプレースを進めているんですけど、海外では進んでいるERPが日本の企業ではどうして失敗が多いのかを身をもって理解しました(というか私の勝手な意見ですけど)。 た…

節税スキームについて3

大前さんの本で節税スキームについて書かれていたので、興味があって下記の 2冊を読んでみました(約1年前)。 「CFOの実務は」グローバルな活動を前提として財務戦略やM&A、税務戦略について 書かれており、特に大きな企業(海外進出している)の経理・財…

節税スキームについて2

節税スキーム1の続きです。 ①売上が100万円増える ②経費を10万円減らす ③法人税を10万円節税する(合法的に) 売上高利益率が10%だった場合、①=②の効果がある。 法人税率が35%だったとしたら③の10万円法人税を節税できたとしたら、経費を 15.4万円減らした…

節税スキームについて1(大前さんの本から)

2年前に大前研一さんの本(何冊か)を読んで気になったのが「ダブルアイリッシュ・ (ウィズ・ダッチサンドイッチ)」。 アップルなどアメリカの企業が考えた節税スキームでアイルランド(アイリッシュ) の2つの現地法人とオランダ(ダッチ)の現地法人を…

ブラック企業を辞めて気づいたこと

ブラック企業を辞めて、自分が会社にいる間に平日の19時~21時のテレビを 全く見ていなかった(見れなかった)ことに気づいてびっくりした。 平日は21時より前に帰るということが1回もなかった。ちなみに土曜日も 休めたのは年に数回でした(一応会社として…

会社を辞めた経験

私は今の会社が3社目。つまり転職を2回しています。 1回目と2回目の転職は自分の気分として天国と地獄ほどの違いがあった。 1回目の転職はブラック企業で2年働いて、自分なりに2年もいたからと納得 させた上で会社に辞めると伝えた(この時点で250…

過労死とブラック企業3

自分がブラック企業にいる場合、仕事の悩み(というか辞めたいという相談)を誰にすればいいのか? 自社の先輩・上司は話すだけ無駄な場合が多い 親・兄弟・身内もわかってくれるか疑問がある (特に自身が新卒入社の会社にずっといる場合) 学生時代の友人…

過労死とブラック企業2

ブラック企業では過労死は少ないと思う。何故かって、ブラック企業は大体離職率が 高いんで死んでしまう前に辞めるとい選択をするから。 でも、ブラック企業なのに過労死してしまうまで頑張ってしまう人もいる。 そんなにキツければ辞めればいいのにという簡…

過労死やブラック企業について1

私の経験も交えながら思ったことを書きます 私の職歴(転職2回) ・新卒入社した会社はスーパーブラック企業 ・二社目はそこそこのブラック企業 ・今の会社はまあ普通かな ブラック企業かどうか(条件) ・給料 例えば年収が5千万もあったりするような外資…