湘南対浦和の誤審問題について その2

湘南対浦和の誤審問題について その1 - 渦の中で

 

その1ではキャリア1年の4級審判(もうすぐ3級取得予定)の私が、一応アマチュア審判目線で解説をしてみました。

 

それで、世間的に盛り上がっているので色々と書き立てている中で、気になった記事に対する感想を書きます。

 

2週間の“謹慎”では甘すぎる!Jリーグ誤審問題 選手も批判「僕らがミスをしたら…」 (1/2ページ) - zakzak

 

著者:夕刊フジ編集委員久保武司

要約:Jリーグのプロフェッショナルレフリーは好待遇(給料が高い)に甘えているのではないか。プロ審判の誤審も多い。2週間の謹慎では身内に甘いのではないか(全部自分の主張ではなく関係者の声として紹介)

 

この記事に対する私の感想:

この人、1回くらい自分で審判してみたことあるんでしょうか?

 

まあ、個人差はあるとは思いますけど、審判している人ってどちらかというと、自分のジャッジに対して日々反省しながら審判活動を行っている人が多いのではないかと思います。

私みたいな小学生の試合の審判をしているだけでも、「今日は上手くジャッジできたな」とか「今日は全然オフサイドとれなかった」とか「あのプレイはPK取るべきだったかな」とか日々反省しています。

 

4級の取得からスタートして、日々の審判活動をこなしながら自分の審判レベルを高めていって3級2級と昇級していって1級を取得。

3級は都道府県によってはほぼペーパー審判みたいな人でも取れるかもしれませんけど、2級になると日々試合(社会人、小中高など)をこなして都道府県協会から見込みがあるとおもわれないと受験すらできないですし、1級になると、それこそ、みんなプロの審判を目指す人ばかりの中での競争。

そういったふるいにかけられて1級に合格した中でも、一部の人だけがプロフェッショナルレフリーになれるという仕組みの中で、「プロフェッショナルレフリーになったから一生安泰だぜ!イエーイ!」みたいに思うような人がいたら、とてもじゃないですけど、1級にすらなれないんじゃないでしょうか。

 

 

映像を見れば子供でも間違えないような誤審を犯したというのに

 

確かに、今回の誤審は映像でみれば子供でも分かるほど明らかですけど、「その1」でも書いた通り、フィールド上にいる審判にとってはそうではありません。

今回の場合は、シュートが右ポストに当たって左側に飛んだために、主審がゴールに入った瞬間にいい位置取りをとれずに(選手が4~5人も間に入ってしまって)きちんと確認できなかったというのが大きな原因だと思いますけど、主審の能力がなかったというよりは、運が悪かったというしかないのではないかと思います。

審判をやったこともない(出来もしない)人間が、こういう書き方をするのは非常に腹立たしいです。

 

ちなみに、フィールドの内と外ではまったく見え方が違うことがあって、小学生の試合でも外からみている保護者は「今のは完全なオフサイドやん」とか「完全に出てるやん」とか好き放題いったりしてるんですけど、中で審判していると、位置が悪かったり動く選手が邪魔になってしまったりで見えない事があるんですよね。

 

 

湘南対浦和の誤審問題について その1

盛り上がっているという言い方は不謹慎かもしれませんが、湘南対浦和の誤審がかなり大きな話題になっているので、私も一つ。

まあ、去年から審判やり始めたばっかりのオッサンの意見なんで、それほど中身があるものでもありませんけど。

 

・主審の位置

 シュートを打った時点で主審はPAラインから7~8mほどセンターラインより、中央より少し右(攻撃側から見て)の位置。シュートを打った選手からの距離・角度共に悪くはないけど、シュートを打った後にゴールと主審の間に選手が4人ほど入ってしまったので、結果的にボールがゴールに入ったかどうかわかりにくい位置になってしまっていた。

シュートを打った後に少し左側に移動すればもう少し確認がしやすかったかもしれないけど、シュートが右のポストに当たってから左のネットに当たったので最初から左に移動するのは無理だったと思う。

 

・副審の位置

 シュートを打った位置がPAの1mほど外で、その時点でディフェンスラインはPAのラインより50cmほどゴールライン側。副審も大体ディフェンスライン上に位置出来ていたので、ゴールラインからは15mほどの位置。その位置からシュートされた後にゴールライン側に移動したけど、シュートがポストに当たってネットに当たって跳ね返った時点ではゴールラインから7mくらいの位置。角度的にキーパーが邪魔になって見えなかったというのはなさそう。

ただし、副審からゴールの左サイドネットまでの距離は40mくらいはあったと思うので、ボールがサイドネットに当たったのかはっきりとは見えなかったのではないでしょうか?映像をみるとかなりの勢いで跳ね返ってきてるので、副審も「あれだけの勢いで跳ね返ってきたのだからゴールポストに当たったのだろう」と判断したのではないでしょうか。

 

第4審やもう一人の副審の位置がどうだったかは映像では映ってなかったのでよくわからないけど、多分遠すぎてよくわからなかったんじゃないかと思います。

仮に「入ったような気がする」と思っても、自分より近い位置にいる副審が「入ってない」と言えば、入ったと主張できないんじゃないかと思います。

 

今回の問題点:

ネット張りすぎでは?あと、ゴール周辺1m以内には物(水筒その他)を置かないようにした方がいいのでは。

 

GKが置いた水筒か何か(白い物体)に当たって跳ね返ったようにも見えるし、ネット自体がピンと張ってあったので跳ね返ったのかもしれません。ネットの張り方をボールが当たっても跳ね返らないくらいに少しゆるく張ることは可能なんでしょか?あと、ゴール周辺1m以内には物を置かないようにすれば今回の誤審は防げたかもしれませんね。

ただし、今回の事象に関していえば防げたかもですが、例えばゴールラインを割っているのにキーパーがボールを掻き出したり、2010年のドイツ対イングランドランパードのシュートみたいに一度ゴールインしたのにボールが外に戻ってきたりした時には副審(人間)の目だけで確認するのは厳しいでしょうね。

 

根本的な対策:

GLTが導入されていればちゃんとわかったでしょうし、ビデオ映像(VAR)でも分かったと思うんですけど、そこはお金の話になってきますね。GLTは単純にお金の話ですけど、VARは人員の養成という人の問題も出てきます。

今シーズン、Jリーグの一部の試合ではVARが導入されるので(下記のブログで書いてます)、J1に関してはゆくゆくはすべての試合にVARが導入されるのでしょうけど、J2やJ3にまでVARというのはお金の面でも人の面でもハードルが高そうですね。

 

 Jリーグジャッジ リプレイ #知ってるつもり?!VAR編 その1 - 渦の中で

 

GLTやVARに関してはFIFAなんかの承認が必要ってわざわざ競技規則にまで明記されてますけど、国際試合や国内のトップリーグ以外は、簡易的なカメラ(装置)を審判を補助する機器として利用してもいいようにできないですかね。

たとえば、ゴールネットに数か所(2~4か所ほど)、ゴールラインが見える位置にカメラを設置すれば、GLTほどの精度はなくても大体の判定はできるんじゃかいかと思うんですけどね。

 

GLTについて

第1条 競技のフィールド(一部抜粋)

11. ゴールラインテクノロジー(GLT)
GLT システムは、得点があったかどうかを検証し、主審の決定を援助するために用いることができる。
ゴールラインテクノロジー(GLT)を用いる場合、ゴールの枠の修正が認められる。修正はFIFA GLT クオリティプログラムの規定および競技規則に従って行わなければならない。GLT の使用は、各競技会規定に明記されなければならない。

GLT の要件および規定
競技会の試合でGLT が用いられる場合、競技会主催者は、システムが次の要件を満たしていることを確認しなければならない:
FIFA クオリティプロ
FIFA クオリティ
・ 国際試合基準 

 

 VARについて

VAR手順(一部抜粋)

可能な限り、VAR の手順は競技規則の原則と理念に従うものとする。
ビデオアシスタントレフェリー(VAR)は、試合や大会の主催者がVAR の手順(VARハンドブックに記載された)と実施要件を満たし、IFAB およびFIFA からの文書による承認を得た場合にのみ認められる。

 

 

ジュニアサッカージャッジ リプレイ#21

J-GREEN堺 - 渦の中で

 

先週の土日にJ-GREEN堺で試合をしてきたんですけど、それに関して一つ。

 

これは私個人のジャッジの傾向なんですけど、まず、基本的に身体的な接触に関するファウルについて他の審判と比べて厳しめです。

その中でも、上半身のぶつかり合いはあまり取らないようにしていますが、脚へのファウル(ひっかける、蹴るなど)についてはきっちりとる方です。

あと、アフターでのファウル(ボールを取りにいって、パスが出た後にも関わらず勢いでパスを出した選手を蹴ってしまうなど)もわりと取る方です。

 

それで、これも私の傾向なんですが、ボールから離れていて(1m以上)相手を押したりするのも厳しくとります。これが、ボールと近ければ同じ強さでチャージしてもファウルにはしなくても、ボールから離れていたらファウルを取るので、取られた選手(チーム)から「エーッ」という不満の声が出たりします。

その際には私は「ボールから離れてのチャージはダメ」とファウルを取った理由を説明するんですけど、イマイチ子供に伝わらないのか何度も同じファウルを繰り返したりする子がいます。

それで、この前の試合がまさにそれで、ボールと離れてのチャージで4~5回くらいファウルをとりました。ファウルをとられたチームは笛を吹かれるたびに「その程度で?」っていう態度でした。

 

 ただ、これって「さっきはOKだったのに今度はダメ(あるいはその逆)」というジャッジで選手が不満に思うのは、審判側の問題(ジャッジの基準がバラバラ)だと思うんですけど、審判側のジャッジが一定であるのであれば、それに対して不満に思ってイライラするのは選手側の問題だと思うんですよね。

何回も同じファウルを取られるのであれば「この審判はそれは取るんだな」と選手側が理解してファウルを取られないように気をつけないといけないのに、そこを理解せずに「この審判あかんわ」って態度に出ると、審判側も「こいつら全然わかってないな」ってなってしまって、お互い険悪な雰囲気で気分の悪い試合になってしまいますよね。

 

最近、ちゃんとジャッジ出来ているのになんか選手からの不満が多い試合が多い気がするんで、もう少し選手とうまくコミュニケーションを取る方法を考えないといけないのかな。

 


競技規則 第12条 ファウルと不正行為(一部抜粋)

 

 身体的接触なしで相手競技者の進行を妨げる
相手競技者の進行を妨げるとは、ボールが両競技者のプレーできる範囲内にもないとき、相手競技者の進路に入り込み、その進行を妨げる、ブロックする、スピードを落とさせる、進行方向の変更を余儀なくさせることである。
すべての競技者は、競技のフィールドにおいてそれぞれ自分のポジションをとることができる。相手競技者の進路上にいることは、相手競技者の進路に入り込むことと同じではない。
競技者が、相手競技者とボールの間に自らを置くことは、ボールがプレーできる範囲にあり、相手競技者を手や体で押さえていない限り、反則ではない。ボールがプレーできる範囲にある場合、その競技者は正しい方法で相手競技者によりチャージされることがある。

 

 

 

J-GREEN堺

土日と息子のサッカーの試合でJGREEN堺に初めて行きました。

「年に何回かそこで試合ありますよ」って上の学年の保護者の方から聞いていましたが、実際に来てみて、その施設(グラウンドの数)に驚きました。

 

主な施設

天然芝メインフィールド・・・1面(観客席付き)

天然芝フィールド   ・・・4面

人工芝フィールド   ・・・11面

フットサルフィールド(人工芝)・・・8面

 

そのほかに宿泊施設やロッカーハウスレストランなんかもありました(KAMOスポもあるのでレガースとか忘れても調達できます)。私は見てませんけど、有名選手の足型もあったとか。

 

それで、すごいなと思ったのが、息子のチームが参加していたジュニアの大きな大会(J下部や兵庫大阪の強豪などが参加)やたまたま見かけた大阪の強豪高校とかそういう各カテゴリーのトップクラスだけが利用しているのかと思ったら、隣のグラウンドをみると、お腹に余計なウエイトをくくり付けて頑張って走っている中年の方や、明らかに初心者の女の子なんかも交じっていて全体のレベルも初心者感が出ている大学のフットサルサークルみたいな集団とかも利用していた事です。

 

代表とかも使う施設なんで、利用するのがすごく敷居が高いのかと勝手に思っていたんですが、レベルの高い試合もあれば、和気あいあいな試合もあったりして本当にサッカー好きが集まる施設という感じでした。

 

個人的にフットサルとかでグラウンドを借りたことがないので、グラウンドを借りた場合に高いかどうかという相場がよくわかりませんけど、土日という事もあって、わりとどのグラウンドも利用されていたのでそれほど割高という事もないんだろうなと思います。駐車場代はとても安くて、終日で600円という料金でした。

 

ちょっと京都からでは行きにくいんですけど、大阪の市内とか南部の人は利用しやすくてうらやましいです。

 

息子のチームは色々と残念な結果でモヤモヤとしてますけど。

 

ジュニアサッカージャッジ リプレイ#18 補足2

ジュニアサッカージャッジ リプレイ#18 - 渦の中で

 

ジュニアサッカージャッジ リプレイ#18 補足 - 渦の中で

 

「#18」で私のジャッジに文句いったコーチがいたんで、審判のジャッジに文句をいうコーチや選手に対して「それはやめようよ」って書きました。

「#18 補足」で、でもコーチも頑張ってるんで「ちゃんと感謝しないといけないよ」っていいました。

 

それで、審判に文句を言うなって言っておいて矛盾するようですが、審判に対する批判です。

 

明らかに「全然ダメやん」ってレベルの審判に遭遇する事があって、それが練習試合よりも公式戦の方が多いんですよね。

近隣のチームだと普段から何度か練習試合をしたりしますが、練習試合では全然見かけないのに公式戦では笛を吹いている審判がいて、そういう人に限って全然ダメなケースが多いんですよね(すべてがそうという訳ではありませんけど)。

 

練習試合だと相互審(対戦チーム同士で前後半どちらかの審判を担当)が多いんで帯同しているコーチで審判できるけど、公式戦は自チーム以外の試合の審判を割り振られるので、例えば、1試合目と3試合目が自チームの試合で2試合目と4試合目の審判を担当するというようなケースがほとんどです。

そうなると、帯同するコーチが1人しかいない場合だと、自分が2試合目の審判をすると3試合目の自分のチームの試合の準備を選手だけですることになるので、それを避けるために公式戦だけ保護者に審判を頼むという事が行われているんだと思います。

 

でも、これって同じ保護者審判の立場からすれば「どうなん?」って思います。

選手にとっては大事な公式戦なのに、レベルの低い審判のせいでオフサイドを見逃されたり、ファウルやハンドを見逃されたりして試合の勝ち負けが変わってしまうのは一生懸命練習している選手がかわいそうでしょう。

 

もちろん、一生懸命審判してても一人審判なんでどうしても見逃してしまうということはあるかと思うので、そういった誤審は仕方ないと思いますけど、「(チームからお願いされて仕方がないんで)公式戦だけは審判します」みたいな人に公式戦の審判を任せるのは、チームとしてもどうなんでしょうね。

 

まあ、弱いチームだと練習試合自体少なくて審判する機会が少なくて審判レベルが向上しないというのもあるかとは思いますけど、明らかにそうではない(練習試合をガンガンやっている)チームでもそういう事がありますからね。

 

せっかく審判資格取ってやるって決めたんだったら、普段からどんどん審判してレベルを向上させて、子供たちの成長に取り残されないように頑張りましょう。

 

ジュニアサッカージャッジ リプレイ#20

色々とあった先日(5月12日)の公式戦ですが、会場までの往復(片道約1時間)に
大学生のコーチも同乗していました。

そのコーチがチームから4級審判を取って欲しいといわれたみたいで審判やルールに関して話していたんですけど、その中でなるほどと思ったことがあったんで紹介します。

 

私が「ゴールキックオフサイドにならなかったりとか、色々と細かなルールが結構曖昧だったりします」っていったら、そのコーチが「自分が選手の時にピッチからボールが出た後のプレイ再開はオフサイドにならないって教えてもらいました」って言われました。

 

確かに、そう考えるとCKもGKもスローインも全てピッチの外に出たボールを入れ直すという事なので、そう考えると無理に覚えようとしなくてもわかりやすいなと思いました。

 

「そんな事当たり前だ」っていう事かもわかりませんけど、少なくとも私の周りのサッカー経験者からもそういった説明は聞いたことがありませんでした。

 

ちなみに何回か言ってますけど、ジュニアのコート(68m×50m)の場合、6年生の後半(10月以降)とかだと、キック力のある選手は普通にゴールキックから相手コートのPA手前まで蹴ったりするので、ゴールキックオフサイドになることを知らない審判だと間違ってオフサイドを取ってしまう事もあるそうなんで、特に6年生の審判をする場合には覚えておく必要があるでしょうね。

 

 


競技規則 第11条 オフサイド(一部抜粋)

3. オフサイドの反則ではないケース
競技者が次のことからボールを直接受けたとき、オフサイドの反則にはならない:
ゴールキック

スローイン

コーナーキック

 

 

 

 

ジュニアサッカージャッジ リプレイ#19

ジュニアサッカージャッジ リプレイ#18 - 渦の中で

 

「一人審判制の予備審判の役割について」

 

都道府県によって違うと思いますが、京都の4種(ジュニア)の公式戦(8人制)は審判は主審と補助審判(京都では予備審判といっています)1名の2名体制で行われています。

 

それで、予備審判の役割なんですけど、メインの仕事はベンチ側のセンターラインから2mくらいの所にいて(大体パイプ椅子が用意されているのでそれに座って)、選手交代の補助を行います。

あと、グラウンドによってはボールがどこまでも転がっていったり、フェンスなんかを超えて取りに行くのに時間がかかる場合があるので、その場合はボールの交換をして、自分がボールを取りにいったりします。

たまに主審によっては、ベンチ側のタッチラインを見て欲しいといわれる時があるので、その場合はタッチラインを出たら手を挙げて主審に教えてあげたりします。

 

それで、日曜日(5月12日)に昨日書いた試合(コーチにヤジられた)の主審以外に予備審判を2試合担当しました。

そのうちの1試合が昨日書いたあまりマナーのよろしくないチーム(Aチームとします)の試合だったんですけど、「まあ、予備審なんで関係ないわ」という感じで主審をする時と比べるとあまり緊張感なく座っていました。

 

それで、後半にAチームの直接フリーキック(ゴールから20数mはあったかと)の時に事件がありました。

 

審判が壁に指示しようとボールに完全に背を向けた時に、Aチームのキッカーの子がボールの位置を3m近く前にしたんです。

 

確かに審判は背を向けているので見えていないんですけど、逆に言えばそれ以外のほぼ全員(両チームの選手、両チームのベンチ、両チームの保護者、両チーム以外でたまたま見ていた人)が見ている中でそれをやったので、私もびっくりしたのとあきれてしまいました。

 

対戦相手のベンチは主審に大声で伝えますが主審に伝わりませんでした(隣のグラウンドで試合していたので少しザワザワしていたのもあってか)。

Aチームのベンチは「戻しとけ」とはいいましたけど、それほど強く言わなかったので選手も戻しませんでした。

 

相手チームのベンチが主審にいっても伝わらないので私に対して「予備審、ちゃんと主審に伝えてよ」って怒鳴られました。

私もこの場合、どこまで関与していいのかわからず動けないでいると、そのままプレーが再開されてキックされました。結局、ゴール横を通り過ぎて得点にはならずにすんだのでまだ良かったです。

 

試合が終わってから一応、不正をされた方のチームに「予備審がどの程度関与していいのかわからなかったんで対応できませんでした」と謝罪して、主審に何があったのか報告しました。

 

たまたま結果として得点にならなかったので良かったのですが、予想外の事が起こった場合に対処ができなかったのが悔しいです。

今回の場合は、主審に対して遠慮したというか、どこまで関与していいものなのか迷って動けませんでしたが、予備審の役割をきっちり確認しておいたらもう少し上手く動けたんじゃないかなと反省しました。

 

Aチームに関しては他にも過去から色々とエピソードがあるのでまた紹介していきます。ちなみに以前書いたこの記事もそのAチームのプレイです。

 

ある意味すごいプレー - 渦の中で

  

補助審判
① 試合には、補助審判1 名が指名される。
② 補助審判の任務は次のとおりとする。
(1) 主審によって要請された試合前、中、後の管理上の任務を援助する。
(2) ボールの交換を管理する。
(3) 交代の手続きが円滑に行われるよう、主審を援助する。
(4) チーム、競技者が試合中にフェアプレー精神あふれる行動やリスペクトある行動を取っていたのを見た場合、主審に知らせ、主審がグリーンカードを示す援助をする。
(5) 警告する競技者の特定を間違えて別の競技者が警告された場合や、2つ目の警告が与えられたにもかかわらずその競技者が退場させられない場合、また主審の見ていないところで乱暴な行為が起きた場合には、主審に合図する。